ログイン パスワード IDとパスワードを記憶 パスワード紛失新規登録はこちらから  
トップ  >  ひきこもり・準こもりの生きる道  >  目標を3つ持つ
管理人が考えるひきこもり、ニート脱出の一番の近道は、大きな目標をひとつ、中くらいの目標をひとつ、小さな目標をひとつ、それぞれ描いてみて、それに近づけるようにしていくことです。

目標といっても、たとえばネットゲームでレベルを99まであげるとか、みようと思っている動画をコンプリートしてみるとか、そういうひきこもりレベルやニートレベルを高くしてしまうような方向性では良いとは言えないと思うので、後々になって自分の利益になる可能性のある目標を考えると良いと思います。

・大きな目標の例

どんな場所にも行けるようにする
ボランティアをする
アルバイトや就職をする
学校に行く
資格を取得する

・中くらいの目標の例

友達・仲間を作ってコミュニケーションスキルをあげる
家族と会話してみる
身だしなみをきちんとする
買い物に行く
散髪に行く
病院に行く

・小さな目標の例

毎日風呂に入る
毎日歯を磨く
部屋を清潔に保つ
規則正しい生活をする
家事をしてみる
深夜や早朝に外出してみる、できたら昼間に挑戦する



具体的な目標を持ちながら生活をすることは、社会に出たあとでもきっと役に立つと思います。

かといっていつもいつも「こうならなきゃ」「ああならなきゃ」とばかり考えていては疲れてしまいます。
義務感でやるのではなく、自分の「やりたい」「こうなりたい」と思う気持ちを大事にしましょう。

例えば、
部屋が綺麗になったら気持ちがいいから掃除をしたい、とか
人と楽しく話してみたいから会話のキャッチボールがうまくなりたい、とか
欲しいものを買ったり遊んだりしたいから働きたい、
そのために資格を取得したい、など。

自分の欲求を実現するためという動機付けができると続けやすいと思います。

なかなかできなくても自分を必要以上に責めずに
とりあえず続けてみること、
気が向かないときは適当にやることが、
三日坊主にならないコツかもしれません。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:55 平均点:6.00
前
どうすれば脱出できるのか
カテゴリートップ
ひきこもり・準こもりの生きる道
次
自分の弱点を知る・活かす